葬儀マナー 弔問時のNG編

葬儀マナー 弔問時のNG編

大人の葬儀マナー
弔問時のNG編

葬儀も弔問した時のNGと言うこととで、葬儀に弔問した時に、これだけはやってはいけない!というポイントをまとめてみたいと思います。

▼大勢の人が来るから、少し時間をずらしていこう。
こんな動機が不純で、自分勝手な行動は絶対にやめましょう。
どんな用事があったとしても、できるだけ遅刻はしないでください。
読経中や弔辞、弔電の拝読の際に到着して入っていくなど、
失礼極まりないので、考えて行動してください。

▼こういう時は新札を!
結婚式のお祝儀と同じだと勘違いしている方が、たまにいます。
香典では、お札の新札はタブーです。待っていました!と言わんばかりに準備をしているたと思われてもしかたないですし、それは遺族に対して、とても失礼です。

▼え?なんで亡くなったの!?
そんな事を大人なのですから、聞いてはいけません。
遺族の立場になって考えてください。死をまだ受け入れるのもままならない段階で故人の死をさらにほり返されるなんて、信じられない気持ちでいっぱいでしょう。
遺族にもそうですし、ほかの弔問客に尋ねるのも当たり前ですが、やめましょう。

▼だれかいないかな?
お葬式は、同窓会ではありません。自分から探さなくても、おのずと知り合いに会ってしまいます。ですが、見つけてしまっても、世間話などをするのは、大変失礼極まりない行動です。遺族の気持ちを考え、私語は最低限にしましょう。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar