葬儀マナー 弔電の打ち方編その1

葬儀マナー 弔電の打ち方編その1

大人の葬儀マナー
弔電の打ち方編その1

弔電の打ち方について深めていきたいと思います。

弔電とは、一体なんなのでしょうか。簡単にいうと、弔意を伝える電報の事です。祝電の逆の意ですね。

では、弔電とはどのような時に打つのでしょうか。それは、訃報を受けたが、距離的・時間的な問題ですぐに駆けつける事ができない場合や、仕事などの事情によって葬儀や告別式、通夜などに参列できない場合に打つことが一般的です。

ですが、注意してほしいのが、弔電を打ったからといって、その後
何もしないということだけは大人のマナーとして避けてください。もし、通夜・葬儀に参列できなかった場合には、弔電を打ち、後日にお悔やみ状を送り、その後、可能なら後日に弔問に伺う。くらいするのが、大人のマナーというものではないでしょうか。

では、次に、弔電はどうやって打つのでしょうか。昔はNTTがほとんどで、他サービスはありませんでしたが、現在では色々なサービスも増えているようです。

弔電は、通夜の当日か、告別式の開式の前までに届くように送りましょう。19時までに申し込めば、当日に届ける事ができるサービスもあります。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar