葬儀マナー お悔やみの手紙その1

葬儀マナー お悔やみの手紙その1

大人の葬儀マナー
お悔やみの手紙その1

お悔やみの手紙を送ることについて深めていきましょう。

お悔やみの手紙はいつ、どのような時に、どのような内容で送ればいいのでしょうか。 お悔やみの手紙、お悔やみ場は、訃報を受けたが、通夜や葬儀に距離的な問題、時間的な問題など、どうしても参加できない時にお送りするものです。 また、故人がお亡くなりになられてから、ずいぶんと時間が経った後に、 知った時などに送ります。

弔電は、お通夜、葬儀に間に合うように送るのですが、お悔やみの手紙は 通夜や葬儀に間に合わない最終手段だと思ってください。 出す時期としては、訃報を受けたら、できるだけ早く。というのが原則です。

弔電とは違い、お悔やみの手紙のメリットは、香典を一緒に送ることができる ということでしょうか。香典と一緒に送る方法は後程みてみたいと思います。 お悔やみの手紙にもいくつかのマナーがありますので、深めていきたいと 思います。

▼お悔やみの手紙の書き出し
▼通夜、葬儀にいけなかったお詫び
▼励ましや遺族を気遣うこと
▼その他
▼香典を一緒に送る

手紙だからこそ、対面以上に難しいので、しっかり頭にいれてください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar