葬儀マナー お悔やみの手紙その2

葬儀マナー お悔やみの手紙その2

大人の葬儀マナー
お悔やみの手紙その2

具体的に注意しなければいけない事など、 お悔やみの手紙のマナーについて見て行きたいと思います。

▼お悔やみの手紙の書き出し お悔やみの手紙の書き出しには、普段の手紙で書くような挨拶は不必要です。 つまり、「拝啓〜」等の言葉を書きません。 そして、それに続く、よく見る時候の挨拶も書きません。 「花の盛りが過ぎた今、八重桜がおっとり咲いて目を楽しませてくれます。」 などの挨拶文です。

後程、例文は書きますが、書き出しとして、ふさわしいのは、
「●●様の突然の訃報に、驚きが隠せません。」など、故人の死が 予期せぬもので、とてもびっくりしてしまった。という旨を伝えるのが 一番でしょう。

▼通夜、葬儀にいけなかったお詫び 通夜・葬儀に行けなかった、お詫びの文章を入れるようにしましょう。 具体的な理由は詳細に書く必要はありません。

▼励ましや遺族を気遣うこと 遺族に対して、心遣いの文章を書きましょう。 遺族は、通夜に葬儀と、本当に慌ただしい日々を送り、 心身共に、傷だらけになっていることが予測されます。 ですので、遺族の事を励ませるような言葉を書くようにしましょう。

▼その他 故人との関係がわかるような文章を少しだけ付け加えてください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar