葬儀マナー お悔やみの手紙その4

葬儀マナー お悔やみの手紙その4

大人の葬儀マナー
お悔やみの手紙その4

お悔やみの手紙の例文を書いてみたいと思います。

まるきり、これを模写して書くのではなく、少しは ご自身なりのアレンジを加えてください。気持ちは文字からも 文章からも伝わるものです。しっかりと気持ちを込めて書くようにしてください。

例)
突然の訃報に未だに驚きを隠せません。●●歳という若さを思うと、 悔しさばかりが募るしだいでございます。 ご遺族の皆様におきましては、お力をお落としの事と存じますが、 どうぞお気を強くお持ちになり、お身体ご自愛ください。

本来でございましたら、すぐにでも弔問にお伺いさせて頂くところでございますが、 やむを得ない事情で、葬儀に参列できませんでした事、お詫び申し上げます。 ご遺族の皆様に、心より、お悔やみを申し上げますと共に、 故人のご冥福をお祈り申し上げます。

心ばかりのものを同封いたします。ご霊前にお供えくださり、故人の好きだった ●●などお供えいただければと存じます。 まずは、略式ながら書中にてお悔やみ申し上げます。

※お悔やみの手紙には、死を直接連想させるような「死ぬ、滅ぶ」や 「重ね重ね、また、次々」などを使わないようにしてください。 そして、本来ですと、お悔やみの手紙は縦書きで書くのが通例ですので、 注意してください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar