葬儀後の法要種類-2

葬儀後の法要種類-2

葬儀後にも法要はたくさんある!
葬儀後の法要種類-2


法事と法要の違いがわかり、法要の成り立ちもわかったところで、 続いては、故人が亡くなってからの法要が行われる日取りについてみていきたいと 思います。 みなさんもご存じのように仏教では、四十九日や、三回忌、七回忌など、 法要を行う日取りは決まっています。 宗派によっても様々なとらえ方などもありますが、日本の仏教では、 四十九日までは忌中といい、五十日を忌明けとする風習があります。 四十九日までは七日ごとに忌日があります。 仏教では七日ごとに法要が行われるのですね。 なぜ、そのような細かい周期で、法要が行われるのでしょうか。 これは、仏教の教えに基づいたものでしっかりとした理由があります。 仏教では、人は亡くなってから、7日ごとに小さく生まれ変わり、 49日後には新たな【生】として生まれ変わると教えられています。 という理由から7日ごとの法要がおこなわれるとされていることが おおいのですが、実は色々な説があります。 仏教の教祖、釈迦は菩提樹の下で悟りを開いたと言われています。 そして、その後、7日ごとに瞑想をする場所をかえ、49日の間に 悟りの境地を味わい、その悟りの内容を把握したと言い伝えられています。 つまり、49日目にして釈迦は新しく生まれ変わったという認識になったのです。 7日ごとに小さく生まれ変わり、49日で生として生まれ変わると言うのが先に 生まれた考えなのか、釈迦が悟りを開いた件が先なのかは、わかりませんが、 7日ごとに法要をするには意味があると言うことには変わりがありません。 僧侶のお金の為だけの法要ではないのでしょう。 それでは、次項でそれぞれの法要の名前と行う日取りをみてみたいと思います。

地域別葬儀情報・東京都下(市部)
葬儀 八王子市  葬儀 立川市  葬儀 武蔵野市 葬儀 三鷹市 葬儀 青梅市
葬儀 府中市 葬儀 昭島市 葬儀 調布市 葬儀 町田市 葬儀 小金井市
葬儀 小平市 葬儀 日野市/ 葬儀 東村山市 葬儀 国分寺市 葬儀 国立市
葬儀 福生市 葬儀 狛江市 葬儀 東大和市 葬儀 清瀬市 葬儀 東久留米市
葬儀 武蔵村山市  葬儀 多摩市 葬儀 稲城市 葬儀 羽村市 葬儀 あきる野市
葬儀 西東京市 葬儀 瑞穂町 葬儀 日の出町 葬儀 檜原村 葬儀 奥多摩町

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar