葬儀マナー 葬儀後の弔問その2

葬儀マナー 葬儀後の弔問その2

大人の葬儀マナー
葬儀後の弔問その2

葬儀後に、ご遺族宅へ弔問させて頂く、アポイントをとれた後に 用意するものなど、順を追ってみていきたいと思います。

▼服装について
服装は、喪服を着て行く必要はありませんが、あくまでも弔問させて頂くのですから、 地味な色合いの平服を着用するようにしてください。 逆に、喪服や黒いスーツなどを着ていくと、ご遺族が葬儀の事を思い出したりと、 故人の死を連想させる可能性がありますので避けましょう。

そして、女性であれば、落ち着いたワンピースや、セットアップ、 男性ですと、黒以外のスーツや、パンツにジャケットスタイルなど、 準フォーマルな格好が一番好ましいでしょう。 男性も女性もアクセサリーや爬虫類などのバッグ、ファーなどの毛皮は避けましょう。

▼供物、供花について
ご遺族のご自宅に弔問させて頂くのですから、手土産ではなく、 供物や供花という形で、お持ちしましょう。 お貸しや、果物などがごくごく一般的です。 万が一、故人との親交が深く、故人の好きだったもの、 食べたいと言っていたものなどがわかる場合には、そのようなものを用意しても ご遺族の方も、故人もお喜びになられると思います。 のしは結び切りのものを使用するようにしましょう。表書きは「お供え」になります。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar