四十九日法要-準備編

四十九日法要-準備編

葬儀後にも法要はたくさんある!
四十九日法要-準備編

四十九日についてみていきたいと思います。

四十九日までは、「忌中(きちゅう)」とよび、四十九日以降は、「忌明け(きあけ)」とよばれます。昔は忌明けをすぎると、遺族も普通の生活にもどるといわれていました。

仏教において、四十九日は「中陰」ともよび、亡くなった方が、あの世へ飛び立つ期間といわれていますので、四十九日は特別な法要の日になります。

それでは、下記で四十九日までの準備を追ってみていきましょう。

?僧侶と相談して、四十九日法要の日取りを決めます。

※本来ならば、四十九日目に行えればいいのですが、最近では 、遺族、親族が集まりやすいように 直前の土日におこなうことが多いです。

?親族、近親の知人などに連絡をし、人数の見積もりをとります。

※四十九日の法要は、自宅もしくは、菩提寺で行います。

?式後に食事をする場所を確保します。

※昔は、この時に精進おとしを行い、精進料理をやめる日でしたが、最近では、お寿司などの出前をとってすませることがおおいです。

?参列者へのお礼の準備をしておく

?僧侶への挨拶や、謝礼の用意をします。

?仏壇や本位牌を四十九日までに準備をします


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar