四十九日法要-当日編

四十九日法要-当日編

葬儀後にも法要はたくさんある!
四十九日法要-当日編

四十九日の法要当日の流れをみていきたいと思います。

法要にはこれといった決まりはありませんが、一般的な流れを記載しますので、 参考にしてください。後は、僧侶の方と相談して詳しい内容をつめてください。

?僧侶が入場します

仏壇の前に、僧侶の席を用意し、故人との関係が濃い人から、 仏壇の近くに座ります。

?施主(喪主)が軽く挨拶をします。

※「本日はお忙しい中、お集まり頂きまして、まことにありがとうございます。

それでは、これより四十九日の法要を始めさせて頂きます。」程で結構です。

?僧侶による読経が行われます。

?関係の濃い人から順番に焼香をしていきます。

?僧侶による法話がなされます。

?僧侶が退場します。

?施主(喪主)が軽く挨拶をします。

※「本日はお忙しい中、ありがとうございました。おかげさまで、
四十九日の法要も無事終えることができました。この後、別室にて、御膳をご用意してございます。 お時間がございます方は、ゆっくりなさってください。」などで結構です。

終了

僧侶にはお礼(読経代、御車代、御膳代)を包み、渡します。 直接手渡しではなく、小さなお盆に載せて僧侶に渡すようにしてください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar