葬儀マナー 葬儀前のNG編

葬儀マナー 葬儀前のNG編

大人の葬儀マナー
葬儀前のNG編

まず初めに、葬儀前のNGと言うこととで、訃報を受けてから、 葬儀に弔問するまでにこれだけはやってはいけない!というポイントをまとめてみたいと 思います。

▼訃報を受けたら、何がなんでも深夜にでも駆けつける!
たまに見かけて、そして、なんとなくこうした方がいいのじゃないかと 勘違いがたまにある間違いです。 自身の祖父や祖母、父や母、兄弟、姉妹が危篤だとか、訃報を受けたときは、 すぐにでも飛んで行ってください。それはもちろん正解です。 ですが、よほど親しい関係でない限りは、葬儀前の弔問はNGです。 以前は夜中でも駆けつけるのが美徳とされるケースもありましたがm 夜の10時以降の弔問は遠慮してください。

▼電話をかけて、お悔やみを伝える!!
これもやってはいけません。親しいからと言っても、タブーです。 ご遺族の方は、悲しみの渦の中にいると同時に、通夜、葬儀の準備で 慌ただしく走り回っています。そんな中、電話でお悔やみを伝えるなんて もってのほかです。気を付けてください。

▼むやみやたらに、言いふらす。
たまに、街中でのおばさま方の井戸端会議で、話題になることがあるようです。 このような非常識な事をするのはやめましょう。

▼故人との対面を申し出る。
親しい間柄であったとしても、いきなり、故人との対面を自分から 申し出るのはよくありません。

念を押しますが、これだけは『絶対に』しないでくださいね!


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar