故人が好きだったCDを流す無宗教葬

故人が好きだったCDを流す無宗教葬

故人がものすごく音楽が好きであるというようなことも多いのではないでしょうか。

家には無数のCDがあるような方もいるかもしれません。そういった場合には葬儀の時にそのCDをかけてあげようという話になっていることが最近多いです。

損ようなCDなどを流す葬儀についても無宗教葬といわれています。

無宗教葬については大きく注目され始めているので知っている方も多いです。

その無宗教葬に使われるCDのジャンルについては、特に無宗教葬の場合は問題ありません。

どのようなジャンルのCDでも書けることができます。

無宗教葬で用いられるCDですが一般のポップスでもかまいませんし、ロックでもかまいません。

さらにえんかでもかまいませんし、クラシックでもかまわないわけです。

無宗教葬は比較的賑やかな葬儀になりますので、

静かな葬儀が苦手であったという個人の方の気持ちを反映して無宗教葬にする場合もあります。

母の病気をきっかけに無宗教葬について調べてみました

昨年、私の母が大きな病気をした際、「万一の事があったら、無宗教葬にしてね。」と言われました。無宗教葬という言葉自体、私は初めて聞いたのですが、母に聞くと、お葬式の時に自分の好きな音楽を流す形式の葬儀だそうです。

聞いた時には縁起でもないと思ったのですが、改めて自分で調べてみると、無宗教葬とは故人の思い出を偲ぶための一つの方法であり、自由な雰囲気の中で亡くなった人を懐かしむことができるというそれはそれで良い葬儀の形だなと思いました。

さて、ついでに無宗教葬を行えるところを探してみたのですが、どの斎場でもできるというわけではなく、音楽を流せる設備が必要ですので、必ず葬儀社に相談した方がいいようです。

幸いなことに母は回復し、今では通常の生活に戻っています。母の病気で初めて知った無宗教葬ですが、新しい葬儀の形としてとても印象に残りました。

葬儀について

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar