任意売却物件を購入する方法

任意売却物件を購入する方法

任意売却によって市場に出された不動産というのは、普通に購入するよりも安く購入することができます。
しかし、競売とは違って新聞やチラシなどで紹介されることなく、市場に出ることになるので、普通に生活していては任意売却物件を見つけることは難しいです。では任意売却物件を購入するにはどのようにしたらいいのでしょうか。
任意売却物件は、銀行から不動産屋へと流れるケースが多いので、銀行とのコネクションが強い不動産屋が任意売却物件を扱っていることが多いです。具体的には、店舗数の多い大きな不動産屋とかアパートやマンションなど賃貸専門ではなく、土地を持って自ら開発をしていたり、不動産屋がアパートやマンションを持っているようなところは銀行とのコネクションが強くて任意売却物件を取り扱っている可能性が強いです。
任意売却物件は、通常よりも安い値段で購入することが可能ですので、良い物件を安く購入しようと考えているのならば任意売却物件も検討してみてください。


任意売却と普通の売却の違い

任意売却のことをなぜ普通の不動産の売買と呼ばないのか、ということについてはこれらは全く別の考えがあるからです。というのも、全く他人の資金を借りずに不動産を取得したのであれば、普通に売却することは可能ですしなんの問題もありません。
ですが不動産を取得する際に他人に資金を借りた場合、通常その他人は担保を設定するはずです。銀行の場合抵当権を設定します。抵当権付きの不動産を売却しても、まともな価格はつきませんし、そもそも買い手が現れない可能性が高いです。
そのため実際には抵当権を抹消して不動産を売却するのです。そして抵当権の抹消には抵当権者の同意が必要になります。ですから任意売却の際には必ず銀行の同意が必要になるのです。
任意売却であれば市場価格に近い値段で売却できますし、お互いにメリットがあります。もちろん任意売却の手続きは本人が行うこともできますが、基本的には任意売却の専門業者に仲介してもらうのが確実でしょう。  


【神奈川県(横浜市)】 任意売却 横浜市
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/
任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区 任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/
任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎市
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Calendar